VIET-KABU - ベトナム株情報
印刷する | ウィンドウを閉じる

[産業]
ベトナムのクラウド市場、外資系企業が市場席巻

[2022/06/23 17:00 JST更新]

 ベトナムのクラウドコンピューティング市場は、外資系企業がシェア8割を占めて市場を席巻しているのに対し、国内企業はシェアが残る2割に留まり、格差の縮小に苦戦を強いられている。

 外資系企業が握るシェアのうち、米インターネット通販大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)傘下のアマゾン・ウェブ・サービス(Amazon Web Services=AWS)が最大の33%、米グーグル(Google)とマイクロソフト(Microsoft)がそれぞれ21%を握っている。

 現在、クラウドコンピューティングサービスを提供する企業の数は40社余りとなっており、グーグルやマイクロソフト、AWSなどの世界大手に加えて、ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)やベトナム郵便通信グループ(Vietnam Posts and Telecommunications Group=VNPT)、CMCグループ(CMC Group)、FPT情報通信[FPT](FPT Corporation)などの国内大手も名を連ねている。国内企業11社がデータセンター27か所を国内で運営しており、立地は北部が46.48%、南部が35.13%、中部が18.39%となっている。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、ベトナムでクラウドサービスの需要が高まっている。2025年までにすべてのベトナム企業がクラウドサービスの使用に切り替えると、同市場の規模は53兆2000億VND(約3100億円)超に達する見込み。

[Vietnamnet 16:06 14/06/2022]


印刷する | ウィンドウを閉じる

◆ 免責事項

© Viet-kabu.com 2002-2022 All Rights Reserved.