VIET-KABU - ベトナム株情報
印刷する | ウィンドウを閉じる

[マクロ経済]
個人の決済用普通預金残高、1000兆VNDを初めて突破 5.8兆円相当

[2022/06/29 14:44 JST更新]

 ベトナム国家銀行(中央銀行)の統計によると、個人が商業銀行に預けている決済用普通預金の残高合計は2022年3月末時点で前年末比+11%増の1040兆VND(約6兆円)となり、初めて1000兆VND(約5兆8000億円)を突破した。残高合計は直近2四半期で大きく増えた。

 同時点の個人の決済用普通預金口座数は前年末比+3%増、前年同時点比では+14%増の1億1860万口座となっている。1~3月期の口座開設数は1450万口座だった。同時点の1口座当たりの決済用普通預金残高は880万VND(約5万1000円)で、前年同時点の710万VND(約4万1000円)から増加した。

 商業銀行は資金調達コストの削減に向けて、普通預金の割合を増やす方針を取っている。なお、3月末時点のCASA比率(預金全体に占める当座・普通預金残高の比率)が高いトップ5行は、◇テクコムバンク[TCB](Techcombank)、◇軍隊銀行[MBB](Military Bank)、◇マリタイムバンク[MSB](Maritime Bank)、◇ベトコムバンク[VCB](Vietcombank)、◇アジアコマーシャル銀行[ACB](Asia Commercial Bank)となっている。

[NDH 17:44 27/06/2022]


印刷する | ウィンドウを閉じる

◆ 免責事項

© Viet-kabu.com 2002-2022 All Rights Reserved.