ベト株ニュース

産業

水産物輸出、初の100億USD突破 通年は110億USD達成の見通し FREE

[2022-11-29 18:40 JST更新]

 ベトナム水産加工輸出協会(VASEP)のチュオン・ディン・ホエ氏はこのほど、年初来の水産物の輸出額が100億USD(約1兆4000億円)を突破し、通年では110億USD(約1兆5300億円)に達するとの見通しを明らかにした。

 年初来の主要品目別の輸出額は、エビが前年同期比+30%増の43億USD(約6000億円)、チャ魚(パンガシウスの一種)が同+80%増の20億USD(約2800億円)を突破し、通年では25億USD(約3500億円)を達成する見込み。マグロの輸出額も初めて10億USD(約1400億円)を突破した。その他の品目の輸出額伸び率も+18~77%と好調だった。

 輸出が大幅に増加した背景には、国内の水産業者が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響にもかかわらず養殖を継続したことがある。これは、コロナ後の回復の支援材料となった。

 ホエ氏によると、世界的に水産物の需要が高まっている中、ベトナムの水産物輸出額は200億USD(約2兆8000億円)に達する可能性もあると予想されている。


産業

お得な情報満載!

無料メルマガ登録