会員ログイン ID   パスワード

会員登録・延長手続 パスワード確認  IDとパスワードを記憶させる
ベトナム株情報 > ベト株ニュース > ホーチミン証取 > 大和総研とFPT、SSI証券へのRPA導入を完了―業務効率化

ベト株ニュース - ホーチミン証取

  
  

大和総研とFPT、SSI証券へのRPA導入を完了―業務効率化 完全無料ニュース

[2019/04/08 18:02 JST更新]

 株式会社大和総研(東京都江東区)とFPT情報通信[FPT](FPT Corporation)は5日、ベトナムの証券会社であるSSI証券[SSI](Sai Gon Securities)へのRPA(Robotic Process Automation=ホワイトカラーの定型作業の自動化)導入プロジェクトを完了した。

 大和総研とFPTは2018年12月から3か月間にわたり、SSIのバックオフィス業務を対象として、RPA適用に向けたパイロットプロジェクトを実施した。

 SSIでは、特にバックオフィス業務において厳格な内部統制を実施するための手作業が多く発生していた。こうした中、大和総研とSSIは、業務効率化の最適なアプローチについて議論を重ね、バックオフィス業務の効率化に有効なRPAを導入することを決定した。

 プロジェクトの開始に先立ち、SSIの従業員にアンケートを送付し、様々な業務を対象にRPA適用ニーズを収集。その結果、RPAの機能を包括的に検証可能な5業務を選定し、プロジェクトの対象とした。プロジェクトでは、既存のガバナンス体制に与える影響を最小限に抑えながら、RPA開発作業と効果測定作業を実施した。

 今回の共同プロジェクトは、2017年12月に大和総研とFPTが締結した「先端技術の研究開発における相互協力に関する覚書」に基づくもの。両社は引き続き、先端技術の研究開発分野における連携を強化し、より付加価値の高いサービスの提供を目指す。


  
  
印刷用ページ