会員ログイン ID   パスワード

会員登録・延長手続 パスワード確認  IDとパスワードを記憶させる
ベトナム株情報 > ベト株ニュース > ホーチミン証取 > ベトジェットエア、最新のエアバスA321XLRを15機発注

ベト株ニュース - ホーチミン証取

  
  

ベトジェットエア、最新のエアバスA321XLRを15機発注 完全無料ニュース

[2019/09/20 03:55 JST更新]


(C) vietjet 写真の拡大

 ロイターの情報筋によると、急成長中の大手格安航空会社(LCC)ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)はこのほど、エアバスA321XLR15機を新たに発注したという。VJCはこの情報についてコメントしていない。

 A321XLRは、仏エアバス(Airbus)が今年初めにローンチしたA320ファミリーの最新シリーズで、航続距離は単通路機では世界最長の4700海里。旧世代機と比べて燃料消費量も節約できる。

 これに先立ちVJCは昨年11月、エアバスとの間でエアバスA321neo型機50機の購入契約を締結した。契約額は65億USD(約7000億円)とされている。

 エアバスの発注リストによると、VJCは合わせてA320ファミリーの飛行機を171機発注しており、このうち59機を受領したことが分かっている。今回新たに発注したとされる15機を加えると、合計発注数は186機に上る。

 なお、航空会社の保有機材が調べられるウェブサイト<Planespotters.net>によると、VJCは現在、A320型機22機とA321型機44機の計66機を運航中。機体の平均機齢は3.4年で、ベトナムの航空会社中で最も若い。


  
  
印刷用ページ