会員ログイン ID   パスワード

会員登録・延長手続 パスワード確認  IDとパスワードを記憶させる
ベトナム株情報 > ベト株ニュース > ホーチミン証取 > T&TグループとPVパワー、ハティン省でLNG火力発電所を建設へ

ベト株ニュース - ホーチミン証取

  
  

T&TグループとPVパワー、ハティン省でLNG火力発電所を建設へ 完全無料ニュース

[2020/10/13 13:01 JST更新]

 金融事業や不動産開発、農産物・飼料の輸出入・販売などを手掛ける地場コングロマリット(複合企業)のT&Tグループ(T&T Group)は、北中部地方ハティン省ブンアン経済区内で建設が計画されている第3ブンアンガス火力発電所建設案件について、ベトナム電力グループ(EVN)に次いで2位の発電会社PVパワー[POW](PV Power)と共同で展開する方針を明らかにした。

 T&Tグループは2018年にハティン省人民委員会から原則承認を得た上で、キーアイン町キーフオン街区(phuong Ky Phuong, thi xa Ky Anh)を建設予定地として選定した。同街区の124ha(うち水面積100ha)に液化天然ガス(LNG)発電所やこれに付随する港湾、倉庫を建設する。

 同発電所はLNGを使って発電する。出力合計は3000MW、投資総額は35億USD(約3710億円)の見込み。2期に分けて実施する。

 第1期の出力は1500MW、投資額は17億USD(約1800億円)で、2028~2029年に稼働を開始する。電力販売価格は1kWh当たり8.123セント(約8.6円)になる見通し。第2期は2030年以降に実施する。

 T&TグループはPOWとの間で、同案件を共同展開することで一致した。T&Tグループはハティン省人民委員会に対し、今回の事業提携の承認を要請し、回答を待っている。


  
  
印刷用ページ