会員ログイン ID   パスワード

会員登録・延長手続 パスワード確認  IDとパスワードを記憶させる
ベトナム株情報 > ベト株ニュース > UPCOM関連 > タンソンニャット空港新ターミナル、ベトナム空港社を投資主に

ベト株ニュース - UPCOM関連

  
  

タンソンニャット空港新ターミナル、ベトナム空港社を投資主に 完全無料ニュース

[2019/04/10 19:02 JST更新]

 大手国営企業における国の資金を管理する「企業における国家資本管理委員会(CMSC、通称:スーパー委員会)」はこのほど、ベトナム空港社[ACV](Airports Corporation Of Vietnam)が投資主としてホーチミン市タンソンニャット国際空港の第3旅客ターミナル(T3)を建設するという交通運輸省の提案に賛意を表明した。

 ACVが作成した予備事業化調査(プレFS)によると、このターミナルは延べ床面積10万m2で、年間旅客処理能力は2000万人、投資総額は11兆4300億VND(約560億円)、建設期間は43か月の予定。

 これに先立ち、交通運輸省はT3建設に関する4つの案を政府に提出した。ACVの自己資金で建設する案のほか、◇国家予算から拠出、◇投資のための経済組織を設立、◇官民パートナーシップ(PPP)方式で実施の3案が挙げられた。

 しかし、同省は同4案を分析した結果、ACVの自己資金で建設する案を支持している。投資主の選定はグエン・スアン・フック首相が決定する。


  
  
印刷用ページ