会員ログイン ID   パスワード

会員登録・延長手続 パスワード確認  IDとパスワードを記憶させる
ベトナム株情報 > ベト株ニュース > UPCOM関連 > ベトトラベル会長、航空会社売却の報道を否定 IPO計画

ベト株ニュース - UPCOM関連

  
  

ベトトラベル会長、航空会社売却の報道を否定 IPO計画 完全無料ニュース

[2021/05/14 17:39 JST更新]

 国内トップブランドの旅行会社ベトトラベル[VTR](Vietravel)が、傘下のベトトラベル・エアラインズ(Vietravel Airlines)の株式譲渡を計画しているとの報道について、同2社のグエン・クオック・キー会長は「事実無根」としてこれを否定した。

 この噂は、VTRが近く開催する2021年度定時株主総会に向けた準備の一環として発表した株主総会資料の中に、ベトトラベル・エアラインズの新規株式公開(IPO)計画に関する内容が盛り込まれたことに起因するものとみられる。

 キー会長は、「IPOは以前から考えていたもので、戦略的パートナーを確保することにより航空事業運営の効率化を目指す」と話した。

 ベトトラベル・エアラインズの資本金は7000億VND(約33億5000万円)で、VTRが全額出資している。

 航空会社売却の噂は否定されたものの、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、VTRの経営が難航していることは事実だ。2020年の業績は、売上高が前年比▲79.6%減の1兆5176億VND(約73億円)、親会社株主帰属利益が▲981億VND(約4億7000万円)の赤字に転落した。

 ベトラベル・エアラインズは1月に国内線の運航を開始した。当初の数年間は赤字を想定し、コア事業である旅行事業で補填する考えだったが、新型コロナ禍で旅行事業も大きな打撃を受けており、事業全体が経営不振に陥っている模様だ。


  
  
印刷用ページ